ジャック・ニコルソンの「買い替え」ならこのお店♪

大御所名優二人が愉快痛快に織りなす上質のロマンチック・コメディー。邦題は!もう少し考えた方が良い。それから!映像特典も音声特典も大変面白いものでした。

コレです!

2017年03月14日 ランキング上位商品↑

ジャック・ニコルソン恋愛適齢期 [ ジャック・ニコルソン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

「輝いている女性は幾つになっても魅力的」と言う方が的確かなと感じます。その二人に関わるキアヌは、全体的に画面に出ている時間はそれほど多くはないのですが、重要な役どころで、要所、要所、何とも良い表情をみせ、好演しています。ジャック・ニコルソンも、最高に愉快で素敵な愛すべきキャラクターを演じています。それと、ジャック・ニコルソンのお尻がとっても愉快です。「老いることは恥ずべきことではない」なんて言葉がありますが、この作品では「老い」を思いっきりギャグにしちゃっているところが気持ちいい。あり得ない設定ですが楽しめました。ストーリーはベタな話と言えばそうなのですが、この手のものにありがちな、いかにも「大人の恋って素敵でしょ」的なある種のいやらしさはまったく感じず、ただただ魅力的な男女が描かれていると私は感じました。何というか!コメディーに仕立てる匙加減というのが実に絶妙なのでしょう。キートンはこの作品で!ゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞してるんですね。私は「マトリックス」でしか彼を観ていないため!医師役の実に爽やかなキアヌは新鮮で!これもまた忘れられないほど魅せられてしまいました。特に、監督や俳優による解説は、単に撮影裏話などが楽しめるというだけではなく、監督ナンシー・メイヤーズ、そしてニコルソン、キートンそれぞれの発する言葉から、彼らが本当に魅力的な人物であることが伺え、とても良い気分にさせてくれました。ものすごく爽快です。演出も演技もツボを心得ていて、洗練された仕上がりになっていると思います。俳優陣が良いです。ダイアン・キートンの作品は初めて観ましたが、とっても魅力的な女優さんですね。「Something's Gotta Give」で邦題が「恋愛適齢期」ってのはちょっとセンスないなあ、と。映像も!全体を通してスタイリッシュで!視覚的にも素晴らしいシーンが満載です。それは!単に「年齢を重ねた女性の魅力」と言ってしまうのは不適切。それはともかくとして、ヒロインのダイアン・キートンがものすごく素敵!かわいい!たまたま知人宅でお喋りしながら何となく観ただけの作品でしたが、キートンの、なんとも魅力的な表情が忘れられず購入してしまいました。別の映画のDVDに入ってた宣伝で「恋愛適齢期」を知って興味があって購入しました。。題名の恋愛適齢期というのは!有る意味皮肉ですね。年齢を重ねた女性の魅力を十分に感じさせてくれる作品だと思います。総合的に!非常に満足度の高いDVDでした。